名古屋で日帰りの中絶手術を可能にしたものとは

最近は名古屋でも日帰りで中絶手術が可能な病院も増えてきましたが、多くの日帰り手術を可能にしたのが内視鏡手術の進歩です。

内視鏡手術の特徴としては、切開する部分が少なく出血がごく少量で済むこと、全身麻酔を使わなくても手術が可能な場合があること、等が挙げられます。体への負担が切開手術に比べて非常に少ないので、入院して経過観察をしなくても、その日のうちに帰宅することができるのです。

もちろん、経過観察自体は必要ですので、大抵の場合には翌日、翌々日など検査を兼ねて通院する必要はあります。しかし、まったく入院する必要が無いため、入院の準備および費用もまったく必要ないのです。

また、全身麻酔を使わないというのも重要で、これにより術後しばらくすれば立って歩くことが可能です。最近の手術では内臓の癒着や筋肉の衰え、血栓の防止のために、できるだけ術後早い段階から運動することが推奨されています。そのほうが傷口の治りも早いため、そういったことも名古屋で日帰りの中絶手術が増えている理由のひとつでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です