名古屋で受けた中絶手術の帰り道

以前に一度だけ名古屋で中絶手術を経験したことがあります。先生から「簡単な手術ですので、その日のうちに家に帰れますよ」といわれたときには非常に嬉しく感じました。しかし先生は続けて「でも一応手術ですので、家に帰るときは付き添いの方と一緒でなければなりません」といったのです。

自分が手術したときは既に20代のいい大人でした。手術後に誰と一緒に家に帰ってくればよいのか、非常に悩みました。父親は仕事が忙しく、自分に付き添ってもらうことなどお願いできません。そうなると残っているのは母親しかおらず、仕方なく母親に付き添いをお願いしました。

名古屋での中絶手術は無事成功に終わり、いざ家に帰るときがやってきました。母親とこうして二人で歩くことなど久し振りで、非常に恥ずかしかったです。病院の近くのバス停まで歩き、そこから自宅近くまでバスで移動しました。そしてタイミング悪く自宅近くで友人に会ってしまったときは母親とのツーショットを見られてしまい、非常に恥ずかしかったです。

体験してわかった!中絶手術のメリットは?

先日、初めて中絶手術を体験してきました。日帰り手術が選択できると聞いて、迷わず決めました。

まず、とにかく日帰り手術は精神的にも体力的にも楽です!家庭がある人が入院する場合、入院の前に色々と準備が必要ですよね。
自分が不在の間の家事や食事の手はずを整えたり、家族に付き添いにきてもらったり……そういった手間をすべて省けるのが日帰り中絶手術の一番のメリットです。

一日でも家を空けるのは心配ですよね。
家で安静にすることが可能なら、日帰り手術を選択してみてもいいのではないでしょうか。

また、私にとっては医療費が安くおさえられたのも嬉しいポイント!
入院をしない分のお金がまるまる浮くため、当然医療費がかなり安くなったんです。日帰り入院は、家で安静にするということをしっかり守れるならとってもいい制度。
名古屋で中絶を考えている方は上手に利用してみてはいかがでしょう?

甘く見ていたために、名古屋でやってしまった中絶手術

中絶手術後に名古屋の病院に入院することなく、その日に帰宅できることを意思から告げられたとき、自分はすごくホッとしました。そして日帰りできるくらいだから、手術も非常に簡単なものなのだろうと勝手に思い込んでいました。

そして日帰り手術当日、看護師さんから「これに着替えてください」といわれて手術用の白衣のようなものを渡されました。自分は上着とシャツを脱ぎ、それを素肌には追って前についているボタンを閉めて手術室に向いました。自分はコンタクトレンズをしていますが手術のときには外すようにいわれていたので裸眼で視力がはっきりとしない中、フラフラしながら手術室に到着しました。

そして手術台にいざ横たわると看護師さんが「先生、この人ズボンはいています」といったのです。どうやら中絶手術のときはズボンを脱ぎ、白衣を着なければならなかったようです。自分は手術が日帰り手術だし、手術箇所は上半身だからズボンを脱ぐ必要はないと思っていたのですが、「こんな患者さん、名古屋で初めて見た」といわれてしまいました。日帰り手術だからといってちょっと気を抜いてしまい、初歩的なミスを犯してしまいました。

名古屋で日帰りの中絶手術を可能にしたものとは

最近は名古屋でも日帰りで中絶手術が可能な病院も増えてきましたが、多くの日帰り手術を可能にしたのが内視鏡手術の進歩です。

内視鏡手術の特徴としては、切開する部分が少なく出血がごく少量で済むこと、全身麻酔を使わなくても手術が可能な場合があること、等が挙げられます。体への負担が切開手術に比べて非常に少ないので、入院して経過観察をしなくても、その日のうちに帰宅することができるのです。

もちろん、経過観察自体は必要ですので、大抵の場合には翌日、翌々日など検査を兼ねて通院する必要はあります。しかし、まったく入院する必要が無いため、入院の準備および費用もまったく必要ないのです。

また、全身麻酔を使わないというのも重要で、これにより術後しばらくすれば立って歩くことが可能です。最近の手術では内臓の癒着や筋肉の衰え、血栓の防止のために、できるだけ術後早い段階から運動することが推奨されています。そのほうが傷口の治りも早いため、そういったことも名古屋で日帰りの中絶手術が増えている理由のひとつでしょう。

忙しい人は名古屋で日帰り中絶手術がおすすめ

名古屋で仕事が忙しくてなかなか休みがとれないという人は多いと思います。
でも様々な理由で中絶手術が必要になってしまった時、休みを取らないと手術できないとなると、他の人にも迷惑をかけてしまうし自分の仕事もたまってしまうのでどうしても困る・・そんな人は日帰りで手術を受けることができる病院にいくことをおすすめします。

私も本当に仕事が忙しくて、毎日取引先との打ち合わせが入っていてとても休める状況ではありませんでした。
周囲は体のほうが大事だし休んだらと言ってくれるのですが、取引先に中絶手術をすることを知られるのも嫌でしたので日帰りで手術を受けることにしました。
当日は朝早くから病院に入って行えるので夕方ごろには終了します。
そして翌日からは普通に仕事に行けるので、本当に良かったです。

日帰りだからといって通常の手術をするのと何も変わらないですし、安心して受けることができます。

栄での日帰り中絶手術に必要となる費用

日帰りで中絶手術を受ける際に必要となる費用は、通常の手術に比べて割安になる傾向があるのではないかと考えられています。入院した上で中絶手術を受ける際に比べて低価格であることが多く、簡単な手術や経過が良好である可能性が著しく高い手術である場合には、このような日帰り手術が推奨されるようになってきているのではないでしょうか。

栄にある病院でも短時間で終了する手術が主なものとなっており、入院費用がかからずに済むことから、このようにして比較的手頃な費用で手術が終わるのではないかと思います。そのため、費用面に関する利点が強く見出される日帰り中絶手術を積極的に選択する医師や患者が、これからの栄では飛躍的に増加していくものとみられています。

充実した治療環境が整備されていたり、患者の症状が軽症であったりする場合には、今後は活発に日帰り手術が取り入れられるようになっていくと考えられており、注目が寄せられるでしょう。医療業界でも、こうした動向には関心が向けられることが予測されています。

栄で受けた日帰りの中絶手術

自分はこれまでに一度だけ栄で中絶手術を受けたことがあります。その手術が日帰り手術でした。もちろん体にメスを入れるということで不安はありました。しかし自分は健康面では全く問題はありません。これまで大きな病気をしたこともなく、誰かから見舞ってもらったこともありません。それで今回、栄で中絶手術を受けた後に多くの友人が自分を気遣ってくれたり、見舞ってくれたりすることを少し期待していました。

そして手術が終わり、家に帰ってきたのですが、友人から電話がかかってくれば「手術したばかりなんだ」とかならずいい、メールが来れば「手術が終わったばかりです」と打ち返していました。しかし中絶手術が日帰り手術で、入院することなくすぐに帰宅したことが裏目に出てしまったようで、誰も心配してくれませんでしたし、栄まで見舞いに来てくれることもありませんでした。

ある意味手術に色々なことを期待していたのですが、日帰り手術であったために自分の思うようにはなりませんでした。